ACRO

 Retour à la liste des projets
Lieu
千葉, Japon
Année
2017

千葉県の新興住宅地の3方向を道路に囲われた敷地に建つ住宅。道路からの敷地高低差を利用しながら、室内からの北側に広がる眺望を獲得することが求められた。

スクエアな白いボリュームと片流れの黒いボリュームを組み合わせた端正かつ個性的なファサードを見る限り、建物は2階建てのようにも見えるが実際は平屋である。
ハイサイド窓からの降り注ぐ自然光が、ファミリールームの勾配天井に美しい陰影をつくり出し、大きな天井に浮遊感を与えている。低い天井のエントランスから、高い天井のファミリールームへと移るときに感じる独特のリズムにも、訪れるゲストはみな驚きを感じるだろう。

ファミリールームから連続するように設けられた三角形のテラスには室内と同じ磁器タイルを敷き詰め、フラットに連続させる。フルオープンの開口を設けることで、絶妙な中間領域をつくりだしながら、眼下に広がる周辺の景色を借景としたアウトドアライフを楽しむことができる。建主はこの場所で子供達とキャンプやBBQをしながらグランピング体験をするのが狙いだ。

崖地を利用して跳ね出す特徴的なテラスのフォルムが、正面だけではなくもうひとつのファサードをつくり出しており、シンプルな住宅の中に非日常的な開放感が生まれている。

Autres projets de APOLLO / 黒崎敏

ATOM
東京, Japon
SWITCH
東京, Japon
DAMIER
東京, Japon
FLOW
千葉, Japon
SHIFT
東京, Japon
KANGAROO HOTEL
東京, Japon